読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

長月の戯言

青二才。半人前。お手柔らかにお願いします。

「劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」

今回の記事、枕はなしです。

めっちゃくちゃよかった。

「劇場版 ソードアート・オンライン ―オーディナル・スケール―」の話です。

 

ソードアート・オンライン」は、アニメしか追ってないんですけれども、

劇場版が公開されると知ってからは、もう指折り数えていたわけです。

あの無双キリトくんを映画館のあのでかい画面で見ることができるのか…まじか…

キリトくんとアスナちゃん尊い…幸せになれ…結婚はまだか…

と、そんな風に思っていたわけです。

そして今回の映画を見るにあたり決めていたことは、

日本一音響の良い映画館、そう!あそこの映画館でキメるということでした。

あそこの映画館ってどこかって?明記しません!詳しくはwebで検索!ってやつ。

ええ、初日に「極上爆音上映」キメて参りました。

初日にキメてきたのに感想が遅れたのはただの無精者だからですごめんなさい。

そして無精者の長月は、皆様に具申いたします。

絶対「極上爆音上映」をキメるべき。

戦闘シーンの迫力たるや。

床揺れちゃうもんね。

耳がぐわんぐわん言うし、ちょっと酔うくらいの勢いの爆音でした。

キリトくんたちが体感してる音ってこんな感じなのかな~~~~~

なんて妄想もはかどりますよ。

さてさて作品そのものの感想ですが、もう、冒頭の一言に尽きるんです。

めちゃくちゃよかったんです。

そもそも、ゲストキャスト陣がミュージカル俳優たちじゃないですか。

鹿賀丈史氏、井上芳雄氏、神田沙也加氏って。

ミュージカルでもやるんかい。とツッコミを入れちゃいたくなっちゃうじゃない。

あの歌声を、美声を、拝めるのか、って言いたくなるじゃない。

鹿賀丈史氏の美声は、あの低音ボイスを拝めただけでもめっけもんです。

井上芳雄氏の美声は、鼻歌どまりです。寧ろ贅沢。

神田沙也加氏の美声は、贅沢なほど聞けます。

特筆すべきは、作品世界の設定です。

あれァすげえなあ~~~~~~

あんな世界はきっとあっという間に来ますよ。

ほうら、こんな世界が来たらどうする?お前らやってける?

と突き付けられたような感覚を覚えました。

この作品のジャンルってSFとかバトル系とか、なんかそういう感じなのか?

いや、でも人情もラブロマンスもあるしな、と思っていたんですが、

とんだ無双少年シニカルラブロマンス人情作品であることが判明しました。

超好み。またキメるか。

 

「これはただのSF作品、そう思っていた――」

なんつってね。